女子大生と教授(と僕)のありがちな
ネタバレ感想

女子大生と教授(と僕)のありがちなの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

長い片思いの末、大学に入ってから幼馴染みの沙依に告白して付き合うことになった主人公。

これからどんどん楽しい思い出を作って、エッチもして・・・

そんな未来を思い描いていた矢先、ダンディな教授の魔の手が彼女に伸びていく。

女子大生と教授(と僕)のありがちなを読むならこちら

 

女子大生と教授(と僕)のありがちな

小学校からの幼馴染みの沙依と付き合うようになり、校内のカフェで恋人として話すだけで幸せを感じていた彼。

 

しかしそこに、沙依が所属するゼミの教授の「K」が現れ、少しずつ歯車が狂っていった。

 

 

 

彼を置いてけぼりにして専門的な話しで盛り上がっているのはまだいい。

 

ただ、Kは手が早いと噂が流れていたので、まさか沙依に限ってと思いつつ、彼の中の嫌な予感は消えなかった。
女子大生と教授(と僕)のありがちな

 

 

後日、沙依はKに許可をもらって教授室でレポートを書いていた。

 

そして本棚の上の方にある資料を取ろうとしたが、子供のように可愛く背も小さい彼女はなかなか届かず、さっとKが代わりに取ってくれた。

 

しかし、Kは悪い噂の通り、いきなり沙依の胸をわし掴み、本棚に押し付けて強引に唇を奪った。

 

いやらしい手つきで揉まれながらキスされ、抵抗しようとしていた沙依も思わず頭がとろけていく。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

Kは沙依の股に太ももを差し込み、小刻みに動かし始めた。

 

それだけで、彼女は初めてイクという感覚を味わってしまう。

 

 

ボーっとしているうちに机に乗せられ、股を開かされ、Kはいきり立つ男根を支えて挿入しようとしてくる。

 

彼女は初めてだけは止めてと拒否するが、かえってKの興奮を煽り、華奢な身体を押さえつけられたまま無理矢理突っ込まれてしまった。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

何人も女子大生を食ってきたKは彼女の締まりの良さを褒め、痛がるのも構わず中出ししてしまい、膜が破られて出た血と精液を混ぜ合わせた。

 

 

その後もKの性欲は衰えず、外が明るくなるまで何度も何度も彼女の中に注ぎ込んだのだった。

 

 

その後、彼は沙依の微妙な変化に気づかず、Kのおもちゃにされてるとも知らずに仲良くなっていった。

 

彼女は処女を奪われた日から彼にバラされたくない一心で何度も犯されていた。

 

 

Kはあえて資料室の中で彼女を立ちバックでゆっくりと犯し始めた。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

そこに呼び出されて来たのが彼だった。

 

 

まさか彼女が犯されてるとも知らない彼は、仲良くなったKの頼みを快く引き受け、声だけ聞こえるKの指示で資料を手に取り、出て行く。

 

その間、彼女は必死に口を押さえて喘ぎ声を我慢していたのだった。

 

彼が出て行ったのを見計らい、大きな喘ぎ声を漏らし始め、それと同時にまた中に出されてしまう。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

その後は珍しく、Kがクンニでご奉仕をしてさらに喘がせたが、やたらピチャピチャと音を立てて恥ずかしがらせることを忘れなかった。

 

 

 

後日、沙依は彼にデートに誘われて心が晴れて楽しい時間を過ごしていたが、これから夕食を食べようという頃にKに呼び出され、そこでデートは終わりになってしまう。

 

 

Kと普通に夕食を食べた後は、高層ホテルに連れ込まれ、いやらしい透け透けの下着を着させられる。

 

着たままずらされ、Kのはち切れそうな男根が入ってくるところを大きなガラスに映されて自分たちの痴態を見せられる。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

彼女は自分とは思えないアへ顔の女の顔を見て我に返るが、小さな身体では到底振りほどくことはできなかった。

 

そして結局、自分が気持ちよさそうなだらしない顔をしていることに気づくのだった。

 

 

 

ゼミの飲み会の後、断れるわけもなくKにマンションの前まで車で送ってもらったが、そこでカーセッ○○を要求される。

 

部屋に上げるよりはましだと思い、彼女は自ら積極的に跨って腰を振り、それでもどうしても感じてしまって狭い空間にエッチな音が響いていく。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

その時、彼がマンションの前に現れた。

 

 

沙依は彼に気づいて急に動きを弱めるが、Kは逆に尻を掴んで激しく動き始めた。

 

彼女は彼に見つからないようにするため、もっとギュッとKにしがみつくことしかできなかった。

 

 

 

やがて付き合っているはずの二人は会う時間が減り、沙依は彼への愛情が薄れていった。

 

逆に何度も何度も犯されて嫌だったはずのKに心まで奪われ始め、Kが酔っていきなり部屋にやって来た時には、妙に母性が刺激され、自らファスナーを下ろして口に含んでいた。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

その夜、彼女はKに泊まっていくよう自ら誘い、初めて愛を感じながら一夜を共にしたのだった。

 

 

 

彼もいい加減、沙依がKの毒牙にかかっているかもしれないと思い、呼び出して真実を訊こうとした。

 

しかし、Kと仲睦まじく現れ、幸せそうにしているのを見ると、彼女の幸せそうな姿に呼び出した理由を忘れてしまう。

 

 

沙依とKはどんどん心を通じ合わせるようになり、温泉旅行にも出かけた。
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC

 

 

そこでKの過去を聞いた彼女は同情と愛情を膨れ上がらせ、ついに子供を欲しいと思うようになってしまい・・・

 

 

感想

女子大生と教授(と僕)のありがちなでした。

ヒットメーカーチンジャオ娘と、どこかノスタルジックで柔らかい画が持ち味の達磨さんの秀作。

まさにありがちな寝取りスタイルで、純粋で子供っぽい見た目の女子大生が寝取られ、結局気持ちよさに抗えずに愛情に変わっていく様は鉄板で、絵柄とも相まって間違いない一作になっていると思います。

女子大生と教授(と僕)のありがちなを読むならこちら
【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC