俺、お前の心が読めるんだけど
ネタバレ感想

俺、お前の心が読めるんだけどの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

年上の幼馴染みがずっと好きだった澪。

今の関係が壊れるのが怖くて告白できずにいたが、実は彼も好きだった。

そして彼が高校生、彼女がまだ中学生のある日、ついにラブエッチをする日が訪れたのだが・・・

俺、お前の心が読めるんだけどを読むならこちら

 

俺、お前の心が読めるんだけど

は友達のまっちゃんが初体験をしたと聞いてびっくりし過ぎて、ほとんどリアクションができなかtった。

 

友達は年上の幼馴染みの朔ちゃん先輩ともうラブラブだからだろうなんて囃し立てるし、彼も澪が特別なんて言っていたが、澪自身はからかって言われたとしか思えなかった。

 

 

朔ちゃんはきっと妹みたいにしか思っていない。

 

そう思うと悲しかったが、でも付き合ってエッチなこともしてみたいと思っていた。
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

 

そんな日の帰り道、噂の朔ちゃんとバッタリ会ってしまう。

 

家はお向かい同士だから必然的に帰り道も一緒で、でも今は一緒に帰りたくない。

 

そんな気持ちに気づかない彼がいつも通りの態度でいるから、思わず泣けてくる。

 

そこで涙の理由が「好きだから」なんて心の中でしか思えず、本音を隠してしまうのだった。

 

 

彼はどうも様子がおかしい澪を久しぶりに部屋にあげた。
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

実はちゃんと澪の好意に気づいていた彼は、もう自分から告白するかさせるかして、関係を進展させたかったが、同じように恥ずかしかったのでなかなか決め手の一言を言えないでいた。

 

 

そして澪は、彼が飲み物の用意をしている時、思っていることが伝わればいいなと願っていた。

 

その時から、澪の心の声がなぜか朔に聞こえるようになっていた。

 

 

好きな人の部屋で久しぶりに二人きりになったシチュエーションにドキドキしていた澪は「初体験・・・朔ちゃんとしてみたいよ」と考えた。
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

直後、びっくりして彼はお茶を噴き出す。

 

そして澪が口を開いてないのに次々声が聞こえてくるので、彼は心の声が聞こえるんだと理解した。

 

 

次から次に溢れ出る心の声を聞かれていると分かった澪は逃げ帰ろうとするがすっ転んでしまい、パンツ丸出し
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

でも、彼がドキッとした声は聞こえない様子。

 

 

そのタイミングで彼から言葉にして告白。

 

すると、澪の心の声は「好き好き好き」の連続。

 

勢いのままに彼がキスすると「夢みたい」と漏れ聞こえる。

 

胸をまさぐり成長途中のちっぱいをさらけ出し、ベッドに押し倒すと、のぼせ上がったような真っ赤な顔で「初体験」と呟く。
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

ダメダメと言いながら真っ赤な顔を隠しても、パンツ越しに擦るとすぐに湿ってきて、「指が指が」と考えながらビクビクと反応を見せる。

 

パンツの中に手を入れて直接触るともっと大きく震えて横を向いてしまうが、心の声は「気持ちいい気持ちいい、気持ちいいよお」と連呼していた。

 

 

そんな本音がありありと聞こえる彼は、実はめちゃくちゃ感じているのを隠そうとする澪が可愛くて愛らしくてエロくて堪らず、ビンビンになったあそこを擦りつけ、先っぽをあてがった

 

 

入ってきた瞬間は、まともに心の声になっていなかった。

 

でも、根元までずっぽり入ったのを見た澪は、「本当に入ってる・・・エッチ」と考えていた。
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

 

私の中でびくびく動いてる

あっ、抜けちゃう

引っかかる感じが・・・ダメっ

 

どう感じているのか筒抜けだと分かっていても考えるのは止められない澪。
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

奥まできてる。おち○ち○、おっきくなってる

すごい!気持ちいいよう♡

 

もう彼は開通したばかりでキツキツの中が気持ちよく、口に出す言葉とは裏腹にちゃんと感じて心の中で喘ぎまくっている澪が可愛くて仕方なく、腰をいくら振っても足りないくらいだった。

 

 

気持ちいい

キス大好き

ダメダメダメ、おかしくなっちゃう

 

と、いやらしいことばかり考えていた澪は、初体験をバックで中出しされたのだった。
【コミなび純稿】俺、お前の心が読めるんだけど

 

 

服を着て、少し落ち着くと、なぜか澪の心の声は聞こえなくなっていた。

 

だから、「もう一回しよ」と、本音を口に出した。

 

 

感想

俺、お前の心が読めるんだけどでした。

いわゆるサトラレというかサトリ設定で、最後まで口に出す言葉と心の中が正反対なのが、究極のツンデレで最高にエロ可愛かったですね。

可愛い系の絵柄でも、性器は割りと生々しさがあってそこもエロい。

2話目は、エロいことに興味津々でエロい妄想ばかりしている地味めな女子生徒の心の声を、担任教師だけに聞こえている展開で、1話目より刺激的な内容になっています。

俺、お前の心が読めるんだけどを読むならこちら