にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ

おすすめ新着
  • インフェクション
    【インフェクション】6巻無料ネタバレあらすじ特典エロ漫画感想。きららと晴輝が野外で初エッチ
  • インフェクション5巻
    インフェクション
    【インフェクション】5巻無料ネタバレあらすじ特典エロ漫画感想。お風呂で色仕掛けするらぎ姉
姉なるもの
  • はぐれアイドル5巻
    【はぐれアイドル地獄変】5巻無料ネタバレあらすじ感想。焼酎拷問とおっぱい握手会イベント
  • はぐれアイドル地獄変4巻
    【はぐれアイドル地獄変】4巻無料ネタバレあらすじ感想。事務所でハメるタレントとマネージャー
  • はぐれアイドル地獄変
    【はぐれアイドル地獄変】3巻無料ネタバレあらすじ感想。露天風呂で戦う美女二人

姉なるもの1巻のあらすじ

飯田ぽちさん作のラブ・ファンタジー第1巻です。

 

 

夕という少年がいました。

 

彼は小さい頃に両親を亡くしており、それから近い親戚、遠い親戚の家を転々としていました。

 

それと言うのも、幼心に気を遣って大人しくしていようと心がけたことから、迷惑はかからないものの何を考えているか分からなくて気が詰まる。

そんな風に思われてしまい、親戚の大人はもちろん、そこの子供たちとも打ち解けられず、厄介者としてたらい回しにされていたのです。

 

そして巡り巡って、母の従弟にあたる独身のおじさんと暮らすようになりました。

 

だだっ広い日本家屋に一人で暮らしていたおじさん。

無闇に干渉してくることもない代わりに、陰でこそこそ悪口を漏らす人でもありませんでしたから、今までのように嫌な思いをすることもありませんでした。

 

でも、そのおじさんが病に倒れてしまうのです。

それがどんな病なのか分かりませんが、彼は狂ったようになっていて、病院のベッドに横になった時は、鎮静剤を打たなければどうしようもない状態でした。

 

 

少年は必要に駆られて入院の準備を始めますが、着替えやその他諸々の用意はできましたが、保険証がどこにも見つかりませんでした。

 

まだ探していないのは、絶対入るなと言われていた母屋とは別の蔵の中だけです。

 

仕方なく中に入った瞬間、足下をねずみか何かが駆け抜けていき、長持の中に入っていってしまいました。

恐る恐る中を覗くと、そこから地下に続く階段が続いていたのです。

 

そこから先は、単なる好奇心でした。

 

 

ゆっくりと階段を下りて行った先にあった部屋は、一言で言うと奇妙でした。

 

壁や天井が変な角度になっていて、あちこちには乱雑に本が重ねられています。

壁には得体の知れない模様が描かれていました。

 

不快感さえ覚える奇妙な部屋の中ほどまで入った時、少年は気付かずに地面に描かれていた何かの一部を擦って消してしまいました。

 

その直後、地面から黒い影がせり出してきて、瞬く間に女性の姿になっていきました。

 

「さあ、言ってごらんなさい。あなたの願い事はなあに?」

 

そう質問するその女性は、ぬらぬらと生きたように動く長い黒髪。

頭には禍々しいほどの日本の角があり、足は獣のような蹄。

 

そんな恐ろしげな様相とはうらはらに、顔と身体は作り物のようにきれいで、陶器のように白く滑らかな肌とふくよかな胸を持ち、微笑みはまるで天使のようでした。

 

だから少年は「天使ですか?」と訊いたのです。

 

すると彼女はまた微笑みながら、私はあなたたちが悪魔や神と呼んでいるものです。

あなたと大事なものと引き換えに、望みを叶えましょうと続けました。

 

 

その時少年は、異質な存在の目の当たりにして死を覚悟しました。

 

自分の全てと引き換えにしてでも手に入れたいものとは何か?

そう考えた時、彼の手を引いてくれる優しい姉の姿を思い描きました。

 

そしてそのまま目の前の悪魔に「僕の家族に、お姉ちゃんになってください」と言ったのです。

 

 

少年の名前は夕。

 

それを聞いた悪魔は、なら私は夜にちなんで「千夜」でどうかしら?と答え、彼に舌を絡めた深いキスをするのでした。

 

 

姉なるもの1巻の
ダイジェストシーン

夕の願いを聞いた千夜は、いきなりキスをした。その瞬間、彼の中に何かが流し込まれたような感覚に陥って快楽に身を委ねる。
姉なるもの

 

 

人間の姿になって夕の姉を始めた千夜。しかしまだ人間界のルールや姉弟の関係性などを全く理解しておらず、裸になって豊満な胸に弟の手を誘う。
姉なるもの

 

 

夕が田んぼに落ちて泥だらけになって帰った日のこと。屋外のホースで水浴びするために彼が服を脱ぐと、それにドキッとした千夜が悪魔モードになって、髪の触手で隅々まで洗い出す。

 

 

眠れない夜。二人は雲一つない夜空の下で散歩していた。その時、側溝に落ちそうになった千夜を助けようとして、夕は咄嗟に「お姉ちゃん」と初めて呼んだ。彼女はそれが嬉しくて、思い切り抱きしめてから覆い被さり、もう一度おねだりをする。
姉なるもの

 

 

ある雷雨の日。雷鳴に耳を塞いで怖がる夕を安心させようと、自分のスカートの中に潜り込ませる千夜。しかし少年は余計に動悸が激しくなってしまう。
姉なるもの

 

 

姉なるもの1巻の感想

絶妙ないやらしさがありますが、どこか退廃的で切ない、ノスタルジックなファンタジーですね。

おじさんがイカれてしまったのは、明らかに千夜が原因なんでしょうね。

望むものを手に入れられる代わりに、大事なものを捧げなければならない。その契約が関係しているのかは分かりませんが、何か恐ろしいものを見たような感じがします。

今のところおねショタ率90%といったところで、ドハマリしている趣味嗜好の人も一定数いることでしょう。

少年のアヘ顔がまあ見せてくれるので、涎を垂らせるかも知れません。

あからさまじゃないエロさ。それがいいと思います。

 

 

姉なるものを無料で読む方法はこちら

  無料試し読みサイトへ←

 U-NEXTで無料で購入←

コメントを残す

関連キーワード
姉なるものの関連記事
  • 姉なるもの
    【姉なるもの】1巻無料ネタバレあらすじ感想。僕の姉はエロくて美女の悪魔です